神戸旧居留地 ~美しき明治の近代都市~

神戸開港の明治初期、当時の繁華街は新開地や長田あたりで、現在の三宮周辺は砂地と畑ばかりのなーんもない土地でした。

開港とともに神戸に移り住むようになった西洋人と日本人の諍いを避けるために、このなーんもない場所に西洋の近代都市計画に倣った126区画の美しき街、それが神戸外国人居留地です。

返還後は古きと新しきが交じり合う神戸の中心として賑わってます。

みんなの投稿動画

阪急交通社の海外旅行のおすすめ動画。おうちで旅気分を味わってください!

地エネと環境の地域デザイン

地エネと環境の地域デザイン事業の特設チャンネルです。

水道筋商店街の中心にある、大正14年にできた歴史ある市場の灘中央市場のイベント「…