神戸新聞報道部チャンネル(2020年6月3日配信分)

新型コロナウイルスの感染拡大で経済への逆風が続く中、特に立場の弱い非正規労働者が解雇や雇い止めに遭うなど苦境に立たされています。国内の非正規労働者は雇用者全体の4割に当たる約2200万人。政府は、雇用維持策の拡充を相次いで打ち出していますが、未曽有の事態に対応が追いついていないのが現状です。きょうは、深刻化する雇用情勢について、労働問題に詳しい、報道部の中部剛デスクに聞きます。
最新の新型コロナウイルス情報を紹介する「神戸新聞報道部チャンネル」では、長沼隆之報道部長が神戸新聞の記事から重要な記事をピックアップして動画で解説。緊急事態宣言が出された兵庫県からフェイクニュースにとらわれない正確な情報を随時お届けします。

https://kobetv.jp/
神戸新聞報道部チャンネル
旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜 第二弾

今年で早くも2回目となる、旧居留地協議会主催のイベント、居留地文化祭が12/20…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…

子ども食堂など展開 学生団体にNPO認証

甲南大学の学生らでつくるボランティア団体「palafool(パラフル)」が8月、…

防災士アーティストが作った花柄防災リュック

通販会社フェリシモのファッションブランド、Live in comfort(リブイ…

オフィスでのコロナ対策はパーティションですが

理化学研究所計算科学研究センターのチームリーダーで神戸大学大学院の坪倉誠教授。…