神戸新聞報道部チャンネル(2020年6月9日配信分)

せきの飛沫は2m以上飛ぶ

スパコンで予測動画新型コロナウイルス対策に役立てるため、神戸・ポートアイランドに整備中のスーパーコンピューター「富岳」を使ってせきなどの飛沫経路シミュレーション(予測)をしていた理化学研究所(理研)などが3日、その中間結果を公開した。現在推奨される2メートルの間隔を空けたとしても、対面の人には、せきで出る小さな飛沫が大量に吹きかかることなどが分かった。理研計算科学研究センターの坪倉誠チームリーダー(神戸大教授)は、対策として、マスク着用や間仕切りの活用を呼び掛ける。

最新の新型コロナウイルス情報を紹介する「神戸新聞報道部チャンネル」では、長沼隆之報道部長が神戸新聞の記事から重要な記事をピックアップして動画で解説。緊急事態宣言が出された兵庫県からフェイクニュースにとらわれない正確な情報を随時お届けします。

https://kobetv.jp/
神戸新聞報道部チャンネル
イカナゴのシンコ漁、回復の兆し

瀬戸内に春を呼ぶイカナゴのシンコ漁が、播磨灘、大阪湾で解禁されました。2017年…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜 第二弾

今年で早くも2回目となる、旧居留地協議会主催のイベント、居留地文化祭が12/20…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…

【アーカイブ】2020/11/12 兵庫 過去最多81人感染 井戸知事生出演 新型コロナ対策を聞く「4時!キャッチ」より

2020年11月12日「情報スタジアム 4時!キャッチ」 井戸敏三兵庫県知…