神戸新聞報道部チャンネル(2020年6月30日配信分)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県と県内の一部議会で定例会の一般質問の人数や時間を制限したり、日程を短縮したりする措置が取られ、住民の声を代弁する議会機能の制限を余儀なくされました。「3密」を回避する趣旨は理解しますが、これは適切な判断だったのでしょうか。本日は報道部の行政・政治担当デスク、黒田勝俊さんにコロナと議会の役割について聞いていきます。

https://kobetv.jp/
神戸新聞報道部チャンネル

神戸レガッタ・アンド・アスレチック・クラブ(KR&AC)の150周年記念事業に支…

防災士アーティストが作った花柄防災リュック

通販会社フェリシモのファッションブランド、Live in comfort(リブイ…

「これ早弁やん!」コロナ対策シールド付き弁当箱が爆誕 ネット反応にメーカー「悪乗りするしか…(笑)」

「ひっぱりだこ飯」や「肉めし」などで知られる駅弁製造の老舗、淡路屋(神戸市東灘区…

日本で1台だけ!シンデレラの馬車と一緒に写真はいかが?

神戸市長田区の婚礼衣装レンタル会社が22日、日本で唯一という馬車「ファンタジーシ…