神戸新聞報道部チャンネル(2020年6月30日配信分)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県と県内の一部議会で定例会の一般質問の人数や時間を制限したり、日程を短縮したりする措置が取られ、住民の声を代弁する議会機能の制限を余儀なくされました。「3密」を回避する趣旨は理解しますが、これは適切な判断だったのでしょうか。本日は報道部の行政・政治担当デスク、黒田勝俊さんにコロナと議会の役割について聞いていきます。

https://kobetv.jp/
神戸新聞報道部チャンネル
神戸新聞報道部チャンネル(2020年7月7日配信分)

梅雨が深まり、またしても水害の季節です。熊本、福岡など九州の広域に降り続いた記録…

週刊みっちーの気になるやん神戸Vol.6

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今夏の全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた…

週刊みっちーの気になるやん神戸Vol.5

神戸市教育委員会は、学校給食の作り方を紹介する「神戸の給食レシピ」を発行。約70…

輝き再び 練習帆船「日本丸」が電飾再開

「太平洋の白鳥」と呼ばれる練習帆船「日本丸」が神戸港・新港第1突堤に着岸し、新型…

週刊みっちーの気になるやん神戸Vol.4

神戸に本社を置くケンミン食品さんがギネス記録を取得!それまでの経緯やコロナ自粛期…