「新しいパンダが来るよう努力したい」 中国の総領事が王子動物園を見学

中国に帰ることが決まっているジャイアントパンダ「旦旦(タンタン)」を視察するため、6月30日に中国の駐大阪総領事が神戸市立王子動物園を訪れ、「新しいパンダが神戸に来るように努力したい」と語りました。

2000年に繁殖のために期限付きで兵庫県の神戸市立王子動物園にやってきた雌のタンタンは動物園のアイドルとして人気を博してきましたが、2020年秋以降、ふるさと中国に帰ることが決まっています。

30日は駐大阪総領事館の何振良総領事がタンタンを視察。 ササを食べたりリラックスする様子を見て、その愛くるしい姿に目を細めていました。

サンテレビの取材に対し何振良総領事は「本当に20年ありがとうございます。神戸市民に感謝しています。先ほど皆さんに約束しましたけど、新しいパンダが来るように努力しています」と述べました。

https://sun-tv.co.jp/suntvnews/
サンテレビ
再起をかけたチキンジョージのクラウドファンディングが終了しました!

オープンから40年、矢沢永吉さんら著名アーティストが多数出演し、神戸の音楽文化を…

7月18日(日)20時から配信を行った兵庫県知事選2021投開票日オンライン特番…

6月13日(日)午後6~8時、任期満了に伴う兵庫県知事選(7月1日告示、同18日…

マイケル レヘム with ボランティアグループ“夢舞台21” 「ティンガティンガアート展」

「花みどりフェア」淡路会場 で開催予定でした 「ティンガティンガアート展」ワー…

イカナゴのシンコ漁、回復の兆し

瀬戸内に春を呼ぶイカナゴのシンコ漁が、播磨灘、大阪湾で解禁されました。2017年…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜 第二弾

今年で早くも2回目となる、旧居留地協議会主催のイベント、居留地文化祭が12/20…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…