アマビエだけじゃない 「疫病退散!」の展覧会

加古川市では、江戸時代などに疫病退散を願って作られたお守りや縁起物の展示が行われています。

兵庫県加古川市のあかりの鹿児資料館では、疫病を防ぐお守りや縁起物としての玩具などを集めた展覧会「疫病退散!郷土玩具展ーコロナに負けないー」が開かれています。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて疫病よけの妖怪「アマビエ」に注目が集まる中、医療が進んでいなかった時代に人々が祈りを込めて作ったおよそ80点が展示されています。

江戸時代、天然痘を防ぐには赤いものが良いとされたことから、赤い牛の張り子人形「赤べこ」や真っ赤なダルマが親しまれたほか、「ころり」と呼ばれたコレラが流行した際には「虎」の当て字にちなんだトラの張り子が薬のおまけとして付けられたということです。

医療従事者へ感謝の思いも込められたというこの展覧会は、7月26日まで加古川市のあかりの鹿児資料館で開かれています。

https://sun-tv.co.jp/suntvnews/
サンテレビ
週刊みっちーの気になるやん神戸Vol.10

神戸発のアイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」のメンバー古川莉…

週刊みっちーの気になるやん神戸Vol.9

新型コロナウイルスの影響で臨時休館をしていた神戸ファッション美術館が再開、会期を…

神戸新聞報道部チャンネル(2020年7月30日配信分)

3月1日に兵庫県内で初めて感染者が確認されてから約5カ月。感染拡大のピークだった…