神戸新聞報道部チャンネル(2020年8月5日配信分)

この夏の帰省を巡っては、高齢者らへの感染の懸念から慎重な行動を求める発言がある一方で、一律に控えてと言っているわけではない、と経済への悪影響を避ける閣僚もいます。
こうした大臣の発言がかみ合わない中、安部首相の記者会見や国会での説明がいっこうになされていないままです。
政府が進める観光支援策GOTOトラベルと整合性が問われかねず、ちぐはぐな政治の対応が国民生活の混乱につながりかねない状況です。

兵庫県の井戸俊三知事は、帰省の自粛は求めませんが、家庭内の感染が増えている、として「多人数での宴会をひかえる」「正面に座らない」などの感染防止対策をしっかりとるよう訴えています。

神戸新聞報道部チャンネル
旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜 第二弾

今年で早くも2回目となる、旧居留地協議会主催のイベント、居留地文化祭が12/20…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…

子ども食堂など展開 学生団体にNPO認証

甲南大学の学生らでつくるボランティア団体「palafool(パラフル)」が8月、…

防災士アーティストが作った花柄防災リュック

通販会社フェリシモのファッションブランド、Live in comfort(リブイ…

オフィスでのコロナ対策はパーティションですが

理化学研究所計算科学研究センターのチームリーダーで神戸大学大学院の坪倉誠教授。…