鮮やか巨大な壁画 神戸市役所2号館

秋以降の解体が決まっている神戸市役所2号館(同市中央区)にミューラルアート(壁画)を描くプロジェクトで、最後の作品となる同館北壁(縦8メートル、横30メートル)の絵が8月14日に完成した。プロジェクトは7月13日に始まり、同館北側の花時計跡地にあるクーリングタワー(冷却塔)の防音壁を含め、計6作品が出来上がった。阪神・淡路大震災を乗り越えた庁舎の最後に花を添えている。

 壁画プロジェクトは実行委員会がクラウドファンディングで資金を募り、約800人から約570万円が集まった。14日に完成した北壁を含め、アーティスト7組が神戸の街並みなどをテーマに6作品を描いた。

 北壁の絵は、海外でも壁画を手掛ける東京在住の夫妻ユニット「HITOTZUKI(ヒトツキ)」が3日から高所作業車で制作。夫のKAMIさん(45)がダイナミックな曲線を、妻のSASUさん(46)がグラデーションで花を描いた。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202008/0013603254.shtml
神戸新聞NEXT

神戸レガッタ・アンド・アスレチック・クラブ(KR&AC)の150周年記念事業に支…

子ども食堂など展開 学生団体にNPO認証

甲南大学の学生らでつくるボランティア団体「palafool(パラフル)」が8月、…

防災士アーティストが作った花柄防災リュック

通販会社フェリシモのファッションブランド、Live in comfort(リブイ…