光と音、香りで「涼」満喫 神戸布引ハーブ園で「癒しの森」

神戸布引ハーブ園(神戸市中央区)に、光と音楽、香りを用いて、森や洞窟などをイメージした室内空間がお目見えした。青や緑色に変化する薄明かりの空間で、来場者が涼を満喫している。

 企画「癒しの森」で、新神戸ロープウエーの「ハーブ園山頂駅」近くにある森のホールで開かれている。木調の天井や床をゆっくり変化する照明で彩り、「滝のある洞窟」や「夜の森」など四つの場面を表現。森林浴の雰囲気を感じてもらおうと、ヒノキとラベンダー、オレンジの香りを混ぜた芳香を漂わせた。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202008/0013603830.shtml
神戸新聞NEXT

神戸レガッタ・アンド・アスレチック・クラブ(KR&AC)の150周年記念事業に支…

「これ早弁やん!」コロナ対策シールド付き弁当箱が爆誕 ネット反応にメーカー「悪乗りするしか…(笑)」

「ひっぱりだこ飯」や「肉めし」などで知られる駅弁製造の老舗、淡路屋(神戸市東灘区…

日本で1台だけ!シンデレラの馬車と一緒に写真はいかが?

神戸市長田区の婚礼衣装レンタル会社が22日、日本で唯一という馬車「ファンタジーシ…