明石にウミガメ漂着 スマスイで保護へ

9月4日午前6時45分ごろ、兵庫県明石市大久保町江井島の江井島海岸で、散歩中だった近くの男性(71)が、国のレッドデータなどで絶滅危惧種に指定されているアカウミガメが打ち上げられているのを見つけ、明石市に連絡した。

 同市によると、産卵はしていないが、生きた個体が市内の海岸で確認されたのは2014年以来6年ぶりという。

 見つかったアカウミガメは体長約1メートル、甲羅の長さ約80センチで、雌雄は不明。大人ではなく、若い個体という。かなり衰弱しており、神戸市立須磨海浜水族園で保護し、点滴などで治療する方針。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202009/0013663983.shtml
神戸新聞NEXT

神戸レガッタ・アンド・アスレチック・クラブ(KR&AC)の150周年記念事業に支…

「これ早弁やん!」コロナ対策シールド付き弁当箱が爆誕 ネット反応にメーカー「悪乗りするしか…(笑)」

「ひっぱりだこ飯」や「肉めし」などで知られる駅弁製造の老舗、淡路屋(神戸市東灘区…

日本で1台だけ!シンデレラの馬車と一緒に写真はいかが?

神戸市長田区の婚礼衣装レンタル会社が22日、日本で唯一という馬車「ファンタジーシ…