石油ストーブ「うっかりこぼしてしまった」が命取り

長年愛され続けている暖房器具の一つである石油ストーブ。
耐震防火装置や給油時消火装置(カートリッジタンクを抜くと火が消える)などの安全装置が付いたことで火災件数は減少していますが、まだまだ冬場を代表する火災原因の一つです。
石油ストーブを使用する際は次のことに気をつけましょう。
(1)石油ストーブの上や周囲に燃える物は置かない。
(2)タンクへの給油は、必ず石油ストーブの火を消し、石油ストーブから離れた場所で行って下さい。
(3)給油したタンクを石油ストーブに取り付けるときには、キャップがしっかり閉まっているか確認して下さい。

「高校野球大会みんなで観よう!」プロジェクト

7月18日から全国高校野球選手権兵庫大会の代替大会として、「令和2年度夏季兵庫県…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…

地エネと環境の地域デザイン

地エネと環境の地域デザイン事業の特設チャンネルです。

#うちで過ごそうアートプロジェクト第三弾 STAY HOME,STAY CREATIVE.

神戸TVでは、「#うちで過ごそうアートプロジェクト 第3弾」として、アーティスト…

うちで過ごそうアートプロジェクト第2弾 #StayHomeStayCreative!

神戸TVでは、「うちで過ごそうアートプロジェクト第2弾 #StayHomeSta…

078 KOBE

こちらから078KOBEのYouTubeチャンネルをご覧いただけます