神戸に新しい旅客船就航「bohbohKOBE」

神戸港に新しく就航した旅客船を取材してきました。
景色はもちろん、オリジナルのドリンクなど、楽しめること間違いなしの新スポットです。

朝田アナ:「神戸に新しい旅客船が就航しました!
 その名もboh boh KOBEです!」

ことし9月に就航したボーボーコーベは神戸港をおよそ1時間周遊する旅客船。
1階にはカフェスペースがあり、船内で様々なドリンクが楽しめます。
また、2階には船の先頭で大パノラマビューを見られる特別スペースも。
ソファーでくつろぎながら、船旅を満喫できます。
さらに3階はオープンデッキになっていて、潮風を感じながらゆっくり過ごすことができます。

朝田:「コンセプトは?」
早駒運輸・渡辺社長:「もちろん観光客の方も来ていただきたいのですが、やはり地元の方に愛される船でないとやっぱり長続きません。
観光船や遊覧船というのはリゾート気分が味わえる空間だと僕は思っていまして、ちょっと船に乗ってリラックスしようかなとか、そういう風に使っていただけたらと思っています。」

ということで、神戸港を出発~!

神戸ならではのきれいな街並みが広がります。
晴れているときは遠方の明石海峡大橋が見られるほか、こんな場所も。

朝田:「神戸空港です!「あっ!結構間近に飛行機見えてますよ!」
運が良ければ、飛行機の離陸も見れますよ!

店員:「お待たせしました」
朝田:「こちら船内で育てたミントを使ったレモネードです」

実は3階のオープンデッキにはハーブガーデンが!
船の上で育てたハーブを使ったドリンクを販売しています。

朝田:「すごくさっぱり!甘さが控えめのレモネード。ミントの香りが後から広がってさわやかです。」
お客さん:「よく神戸に来るんですけど、いつもと航路が違うので楽しいです。」
お客さん:「神戸初めて。名古屋からです。」
いつもできないことだから一番たのしい!」

みなさんも神戸の港で、リゾート気分を味わってみてはいかがでしょうか。

【制作著作】サンテレビ
©SUN-TV,co.ltd

https://sun-tv.co.jp/4jicatch
サンテレビ
旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜 第二弾

今年で早くも2回目となる、旧居留地協議会主催のイベント、居留地文化祭が12/20…

旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…

子ども食堂など展開 学生団体にNPO認証

甲南大学の学生らでつくるボランティア団体「palafool(パラフル)」が8月、…

防災士アーティストが作った花柄防災リュック

通販会社フェリシモのファッションブランド、Live in comfort(リブイ…