「有馬に恋さん」プロモーションフィルム【本編】

■概要
「有馬で恋するモダンガール。」
谷崎潤一郎著「細雪」の四女・妙子こと「こいさん」が、有馬温泉街にやってきました。

自由奔放なモダンガール「こいさん」
神戸居留地文化に、阪神間で活躍した文化人たちの価値観が混ざり合い、大正から昭和初期にかけて、当地に独特の「阪神間モダニズム」文化が花開きました。有馬では外国人専用ホテルやオランダ人建築の本温泉が、その後の有馬モダニズム時代には、老舗旅館にもダンスホールや応接間が作られました。当時の生活文化は、谷崎潤一郎が小説「細雪」の中でカラフルに描いています。それに登場するのが、蒔岡家の四人姉妹の四女・妙子こと「こいさん」。こいさんとは「小娘(こいと)さん」の略で、大阪の船場言葉で末娘のことを指します。「細雪」の中で妙子は、貴金属商の三男坊「啓坊」、写真師の板倉、バーテンダーの三好と、3名の男性との恋愛模様が描かれており、自由奔放に生きる姿を見せています。妙子は訳あって療養のために有馬温泉を訪れるなど、有馬の地は細雪の物語を語る上で欠かせない場所となっています。和洋折衷の独特の生活文化を体現する蒔岡家のモダンガール「こいさん」が今、「恋さん」として生まれ変わり、有馬温泉街を舞台に。自由気ままな恋模様を描きます。

■製作
一般社団法人有馬商店会/一般社団法人有馬温泉観光協会/有馬温泉旅館協同組合

https://arimanikoisan.com/
東西文明の十字路 トルコ

多くの民族が通り過ぎた、東西文明の十字路。興隆と衰退の歴史を繰り返す。ここアナト…

【360°で歩く】神戸北野異人館 風見鶏の館 ~1階編~

ドイツ人が建てた異人館を隅々までVRで体験しよう! 1階編 すべての部屋の天井…

悠久のエジプト

燃えるような太陽が、大地を乾かす。かつて、そこにはナイルが育んだ古代文明があった…

北欧4カ国周遊

北海とバルト海に挟まれたスカンジナビア諸国。デンマーク、ノルウェー、スウェーデン…

麗しきロシア

世界最大の国土面積を誇るロシア。ソビエト連邦時代にあった日本の敵国と言うイメージ…

陸上競技場や体育館など運動施設が集まる神戸総合運動公園(神戸市須磨区緑台)の一角…

街角セルフィー

神戸TVでは、テーマを決めた一定区間をお題と一緒に自撮りする街歩きセルフィーをお…