ファッション美術館 特別展「吉村芳生~超絶技巧を超えて~」

2021年4月10日(土) - 6月13日(日)

毎日描き続けた膨大な数の自画像、1文字1文字をすべて書き写した新聞紙、
10メートルの色鉛筆画―。吉村芳生が生み出す、リアルすぎるほどリアルな作品は、
どれも観る者に凄みを感じさせます。

1950年、山口県に生まれた吉村芳生が一躍注目を浴びたのは2007年のことでした。
この年に開かれた「六本木クロッシング2007」展(森美術館)に出品された作品が
大きな話題となり、吉村は57歳にして突如、現代アート・シーンの寵児となりました。
本展は吉村芳生の回顧展として、初期のモノトーンによる版画やドローイング、
後期の色鮮やかな花の作品、生涯を通じて描き続けた自画像など、
代表作約60件にて吉村の全貌を伝えます。

2013年に惜しまれつつ早逝した吉村芳生の、
ただ上手いだけの絵ではない、描くこと、生きることの意味を、
観るものにも問い続けるような真摯な作品の数々を、ぜひお楽しみください。

香美町観光PR映像 〜香美五感〜

「五感を満たす旅 香美町」をコンセプトに観光PR動画を作成しました。 自然が彩…

2020年度第3回地エネと環境の地域デザイン協議会・「兵庫県バイオマス活用推進大…

ひょうごの穂々笑実は、兵庫県内の使わなくなった田んぼを利用して、鶏の餌となる飼料…

坂越の牡蠣は、栄養満点な海で5月頃から種付けをし、半年ぐらいで育てられ出荷できる…

兵庫県認証食品PR動画(岩津ねぎ)のご紹介

岩津ねぎは、朝来市の特産で、その歴史は古く江戸時代に生野銀山で働く人々の冬の栄養…

KOBE_TVが提供できる、ワンストップのオンライン配信!

各種イベント、ライブ番組、社内向け配信、有料配信など。 Web上でのライブ配信…