”兵庫県バイオマス活用推進大会”・2020年度第3回地エネと環境の地域デザイン協議会

2020年度第3回地エネと環境の地域デザイン協議会・「兵庫県バイオマス活用推進大会」

地エネと環境の地域デザイン協議会では、2020年度第3回協議会として、兵庫県バイオマス活用推進大会との共催でシンポジウムを開催しました。

兵庫県バイオマス活用推進大会は、兵庫県でのバイオマス利活用の推進のため、広く県民、事業者等に対し、最新の情報を提供する機会として、事例発表及び講演をおこなうものです。
今回は、家畜ふん尿などをエネルギーとして活用する過程で発生する副産物(消化液)を肥料として栽培した山田錦(酒米)とこれを原料に日本酒を醸造する取組を紹介します。
さらに、バイオマスの利活用からつながる循環型社会の形成や地域の活性化について考えていきます。

地エネと環境の地域デザイン事業
神戸レザー

自分たちで考え、作り出す神戸の未来 阪神・淡路大震災で私たちの暮らしは壊さ…

「豊かな海へ」 海底耕耘プロジェクト

私たちは自然の恵みに今日も生かされている。 自然の摂理に逆らわず、生態系の維持…