「幻の五輪開幕日」全国120カ所で花火 兵庫は姫路城と共演

延期された東京五輪が当初開幕する予定だった日に合わせ、新型コロナウイルスに沈む日本を元気づけようと24日夜、全国47都道府県約120カ所で一斉に花火が打ち上げられた。兵庫県内では、姫路市の陸上自衛隊姫路駐屯地から53発が上がり、城下町の夜空を焦がした。

https://www.kobe-np.co.jp/
神戸新聞NEXT
旧居留地文化祭 〜Withコロナ時代の文化事業〜

旧居留地連絡協議会が毎年開催している「プロムナードコンサート」を拡大開催し、新型…

子ども食堂など展開 学生団体にNPO認証

甲南大学の学生らでつくるボランティア団体「palafool(パラフル)」が8月、…

防災士アーティストが作った花柄防災リュック

通販会社フェリシモのファッションブランド、Live in comfort(リブイ…